ビックトゥモロー2017年1月号に掲載されました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

新たな不動産投資、トランクルーム経営を探る

ビックトゥモロートランクルーム投資ビックトゥモロートランクルーム投資2

本日発売(平成28年11月25日発売)のビックトゥモロー2017年1月号で、弊社トランクルーム投資の記事が掲載されました。先月の週刊東洋経済に続き2度目の掲載です。

トランクルーム投資が、なぜ今注目されているのでしょうか?

収納スペースを借りる?本当にニーズはあるのか?

日本の住宅事情が大きな理由かもしれません。
限りある収納スペースが家を狭くする原因になっています。
理想的な収納スペースが確保できれば問題ありませんが、ほとんどのご家庭は十分な収納スペースは確保できておりません。

そこで、最近注目されているのが「レンタル収納スペース」。
一般的には「トランクルーム」と言われております。
月額数千円から借りることができるので、気楽に契約することが人気の理由です。

たった畳0.5帖の収納スペースでも、想像以上の収納量に大満足です。
なにより自宅が広くなることは、すぐに実感できるのもレンタル収納スペースのいいところです。

トランクルーム投資は何が魅力的なのか?

アパート・マンション経営の難しさを知る

アパート・マンション経営では、理想の利回りを実現するのが難しい時代です。
退出時の原状回復費用。中長期の修繕工事、水周りのリフォーム、外壁工事など。
当初計算していなかった費用が、想像以上にアパート・マンション経営では必要になります。

結局実質利回りは、数パーセント。
また近隣の新築物件との競争における賃料のディスカウント。
これも結構負担になってきます。

相続対策として有効的な手段としてアパート・マンション経営を導入することは間違えではありません。
しかし、アパート・マンション経営は、長期計画に基づくものです。
しっかり、長期にわたる事業計画をたて、近隣にすぐに真似されない強みが出せる経営をしましょう。

200万円台からスタートできるトランクルーム経営

トランクルーム用地を賃貸で用意することができれば、約200万円台から新規参入することができます。
初めて不動産投資にチャレンジする方にもぴったりの投資です。

数千円の部屋をコツコツと-地道経営

アパート・マンション経営と違って、平均貸し出し単価は約8千円です。
このような小さな月額使用料をコツコツ積み上げるのが、トランクルーム経営です。
最初は思うように埋まらず、焦ったしまうことあるかもしれませんが。

気がついたら、大勢の顧客に支持され安定収入が出来上がってきます。
ある程度の稼働率が確保できれば、空室リスクはほとんどありません。

小さなものを積み上げていくトランクルーム経営は、長期安定収入を目指す方にはぴったりの投資手法です。

そして、再投資がほとんどありません。
壁紙の張り替え、水周り設備の交換、壁の塗装。
トランクルームにはありません。

弊社では、10年前にオープンした物件の看板を今年交換しました。
その他の設備は、まだまだ綺麗で使えます。
屋内型トランクルームであれば、ほとんど再投資は必要ありません。

将来の長期安定収入を目指すならトランクルーム投資をお勧めします

すぐに稼ぎたい方には、お勧めはできません。
でも、数年後に安定した収入を目指す方には「トランクルーム経営」をお勧めします。
地味な経営ではありますが、必ず将来役にたつ収入になるはずです。

ご興味のある方、是非ご相談ください。プラスルームがあなたの投資をお手伝いさせていただきます。