toggle
2018-07-21

中小企業の新規事業にぴったり!トランクルーム経営

中小企業の社長様。
将来のために、新規事業導入を検討している社長様。

このようなお悩みありませんか?

  • どの事業がいいかわからない
  • 人材が集まらない
  • 人材育成に自信がない
  • 多額な投資は危険だ
  • 安定収入がほしい

中小企業新規事業で悩む

中小企業の社長様、新規事業にトランクルームはいかがですか?

中小企業の新規事業はトランクルーム

中小企業が積極的に新規事業を導入しても、ほとんどの方は事業が軌道に乗らず失敗しています。
特に中小企業の新規事業導入は、非常に厳しいものです。
弊社の顧問税理士曰く、「新規事業の成功の確率は2割」

夢を追いかけて、実際は失敗してしまった。
あなたの周りの社長様も多いのではないでしょうか?

中小企業は、新規事業投資額も限りがあります。
だから成功確率をあげる。
当たり前ですが、もっとも重要なことです。

トランクルーム市場は、まだまだ伸びる市場

セルフストレージ投資は小さな積み重ね

矢野経済研究所が発表している「拡大する収納ビジネス市場の徹底調査」2016年度版では、2020年度予測が816億円(中位予測)
2016年度が652億円なので、6年で164億円(成長率125%)を予測しています。
実際毎年約8%前後の成長し続けている有望な市場なのです。

日本の住宅事情が成長を後押し

自宅が狭い

市場拡大の背景は、日本の住宅事情がかなり影響しています。
ご存知の通り、日本の住宅は狭く理想の収納を備えている家あまりありません。
また庭がなく、都心部ではマンションなどの共同住宅にお住いの方が多くいらっしゃます。

物を大切に持ち続ける日本人。
家は荷物が溢れ、とても快適な住居環境ではありません。

収納スペースは借りる時代へ

トランクルーム札幌屋内写真

自宅を広くして、収納スペースも確保する。
これには限界があります。

引っ越し作業

またコストは莫大な金額になってしまいます。
不動産取得費とランニングコスト。すべて増えてしまいます。
年収が増えない時代には、引っ越しして大きい家に住むことは現実的ではありません。

だらか、収納スペースは借りる!トランクルームが最近人気なのは、このような理由です。
また女性でも使いやすいように屋内型トランクームが誕生したことで、さらに人気がでてきました。

出店地域で違いはありますが、およそ1帖タイプで月額7,000円〜8,000円前後。
1日約250円です。


1帖タイプはダンボール約60個収納できます。
想像して見てください。ご自宅からダンボール60個がなくなったら・・・。

トランクルームは借りたら、すぐに効果が現れます。
家がすっきり。
これはやめられません。
一度借りると、大半の方は二度と家に荷物は戻せません。

私たち事業者してみれば、解約が少ないので、経営が安定します。
これは事業として、魅力的な要因です。

月の売上が安定します

貸倉庫井土ヶ谷

月の売上が安定するトランクルーム経営。
経営者としては、魅力的な売上です。
売上がいくらになるのか?毎月末心配。
そのようなことはありません。

再投資がほとんどありません

トランクルーム経営

事業の場合は、数年後に再投資が必要です。
しかし、トランクルームの場合は、設置場所が屋内なので設備に劣化がほとんどありません。
確かに床が汚れたりしますが、ほとんど清掃で間に合います。
看板だけは8年から10年前後で交換。

不動産投資などと比べてたら、トランクルーム投資はほぼ再投資はかからないと言っていいでしょう。

物件探しはどうしたらいいのか?

不動産については、まったくの素人。
ほとんどの経営者様は、不動産取引に慣れている方はいらっしゃいません。
どうしたらトランクルーム経営に参入できるのか?

直営店売却システムがおすすめです

トランクルームの直営店売却システム

プラスルームでは、直営店の設備を売却しています。
弊社が賃貸借契約した物件で、御社のトランクルームビジネスがすぐにできます。
賃料は市場価格よりも安く、プロの目で市場調査済みです。

詳しくは、プラスルームのトランクルーム直営店売却システムについてをご覧ください。

関連記事