toggle
2015-10-17

ビルオーナー様、必見空室対策はトランクルームで

ビルの空室対策でお困りではありませんか?

一度解約になると次に決まるまで時間がかかってします。最近近くに新しいテナントビルができてしまい競争が激しくなった。賃料が思うように取れなくなってきたなど。ビル経営でお困りの方。私たちプラスルームがお手伝いします。

トランクルームで再活用

最近多くなってきたトランクルーム市場。およそ500億円市場と言われています。まだ周りで契約している方は少ないとは思いますが、市場的には大手も参入する規模になってきました。大手が参入するということは、その市場にある程度の規模があり将来的に有望であるということです。

大手が参入しても勝てるのがトランクルームの強みです
通常であれば大手企業が参入してくれば、中小企業は厳しい状況に陥ります。しかしトランクルームの商圏は半径およそ2キロと言われております。要するに自宅から近いことが一番ということです。荷物の出し入れをするわけですから当たり前ですね。
大手は大規模トランクルームで出店をしています。決して大手は小さい規模ではトランクルームは出店しません。

そこに中小企業のトランクルームに勝機あり

プラスルームでは、1店舗の部屋数は50部屋まで。大規模は出店しません。小さい規模の店舗だから商圏も小さくご近所のお客様に愛されご利用していただく。これをプラスルームは目指しております。ご自宅の近くにあることが一番の強みになるわけです。

激戦区で始まったプラスルーム

プラスルームは約7年前自社ビルの再活用をきっかけにトランクルーム事業を始めました。トランクルーム業界では後発メーカーになります。そして、横浜市鶴見区。ここは、大手トランクルーム業者「加瀬倉庫」さんの本社がある場所です。
他の大手も数多く、日本でも有数の激戦。それが横浜市鶴見区です。
こんな激戦区で多店舗展開してきたからこそ、ノウハウを作ることができました。
厳しい状況だから強くなれる。これはトランクルーム激戦区で7年運営してきた結果です。

このノウハウを皆様のビル空室対策で活用してください

プラスルームのトランクルーム投資は、このようなノウハウが詰まっているわけです。
ビルオーナー様の空室でお悩みの方は是非ご活用ください。きっとお役に立てるはずです。
プラスルームでは無料診断を行っております。売上シュミレーションを作成させていただきます。
プラスルーム無料診断申し込み

関連記事