toggle
プラスルームがトランクルーム運営を全面サポート

不動産投資(ワンルーム)について

不動産投資の中の入門編として注目されているワンルーム。
少額でスタートできるので、サラリーマン投資家に人気です。
床面積対して、賃料を多く取れるので高収益も見込めます。しかし、競合も多く場合によっては飽和状態になっている市場もあります。
しっかり調べて購入することをお勧めします。

不動産投資(ワンルーム)とは

ワンルーム投資のわな

新築ワンルーム投資比較対象項目トランクルーム投資
2,000万円前後投資額250万円〜
決まればすぐ満室満室までの時間1から2年かけてゆっくり稼働率が上がる
借主が一人の為不安定経営安定性複数契約なので安定
5%〜7%前後表面利回り自己所有物件50%以上
賃貸物件20%以上
借主が変わるたびに修繕が必要修繕費ほぼかからない
中古物件として売却できる撤退リスク他の投資家に転売可能

不動産投資としても比較的低額で投資ができるワンルーム投資とトランクルーム投資の違いを比較してみました。同じような不動産投資でも性質が全く違います。
特に不動産投資初心者の方はしっかり比較してみましょう

不動産投資の中では手頃に投資できます

ワンルーム投資の場合は、一棟ものと違い投資額も抑えられリスクは低くできます。
駅に近い物件であれば、集客にも困らず高い稼働率が見込めます。

ファミリータイプと比べ、利回りも高く設定することも可能です。
物件のエリアを分散すれば災害などのリスクヘッジにもなります。
不動産投資を初めてやられる方には、おすすめな投資方法です。

不動産販売会社の積極的なセールスに注意

販売会社は、積極的な営業戦略で投資を進めてきます。
そこで問題なのが、即決で購入を勧めてきます。不動産投資で即決はあり得ません。
契約前にしっかり不動産投資の特徴を把握して、その場の勢いで契約するのはやめましょう。

長期借り上げシステム(家賃保証)にはご用心

販売業者が長期にわたり家賃保証をしてもらえる、夢のようなシステム。
投資家様は、長期にわたって家賃が一定額保証されると勘違いしがちです。
現実は、稼働率が悪ければ家賃値下げ交渉もありますので、注意が必要です。
営業マンの甘い誘惑に安易にのるのはやめましょう。