toggle
プラスルームがトランクルーム運営を全面サポート

トランクルーム投資の種類

収納ビジネスには、様々な形態があります。
周辺のニーズや店舗・土地の形状によりタイプを決定します。
ここでは、主な3つのタイプをご紹介します。

プラスルームおすすめトランクルーム投資の種類

一言にトランクルーム投資といっても、さまざな種類があります。
ここでは、大きく3つの種類を説明させていただきました。
その他にも様々な投資方法がございます。詳しく弊社担当までお尋ねください。

屋内型トランクルーム投資の場合

トランクルームのフランチャイズ

ビルオーナー様にお勧めの屋内型トランクルームプランです。
ビルの店舗部分を改装して、トランクルームに改装します。
水回りの設備はすべて撤去します。
大規模な修繕を行うことなく、収納ビジネスへ転換することが可能です。

床面積が100㎡以上の店舗・事務所の場合は、用途変更を行う必要がございます。
トランクルームの用途変更については、専門知識が必要です。
お気軽に弊社へご相談ください。

屋内型トランクルーム投資メモ

最低床面積
10坪〜
必要投資額
200万円〜
実質表面利回り(自己所有物件)
50%前後〜
実質表面利回り(賃貸物件)
20%前後〜

屋外型トランクルーム投資の場合

コンテナ倉庫
地主様にお勧めのプランです。
イナバの物置や海上コンテナを利用した設備を利用します。
施工期間も、大変短くオープンまでに時間がかかりません。
撤去も簡単にできます。
(市街化調整区域・第1・2種低層住居専用地域、第1種中高層住居専用地域には設置できません)

屋外型トランクルーム投資メモ

最低床面積
20坪〜
必要投資額
100万円〜
実質表面利回り(自己所有物件)
50%前後〜
実質表面利回り(賃貸物件)
20%前後〜

バイク駐車場投資の場合

バイク駐車場投資

単独でもトランクルーム併設でも可能です。トランクルームの併設タイプでは、収益向上に貢献。
単独では、土地のデットスペースを活用します。
(市街化調整区域・第1・2種低層住居専用地域、第1種中高層住居専用地域には設置できません)
またコンテナを使わないライン型もございます。

バイク駐車場投資

バイク駐車場投資メモ

最低床面積
1坪〜
必要投資額
35万円〜
実質表面利回り(自己所有物件)
50%前後〜
実質表面利回り(賃貸物件)
20%前後〜

トランクルーム投資のメリット

市場調査に基づいてシュミレーション

無料診断お申し込み

 

トランクルーム投資-TOP