toggle
プラスルームがトランクルーム運営を全面サポート
2017-12-12

トランクルームのプラスルームが札幌市内10店舗体制になります。

札幌市内のトランクルームが10店舗体制になります

札幌のトランクルームが10店舗
プラスルーム札幌では、来年1月末日オープン予定の「トランクルーム札幌南17条店」で10店舗目。
札幌市進出から約1年6ヶ月で達成です。
今後も数店舗の出店計画がございますので、ご予約いただいている投資家様はもうしばらくお待ちください。

今後の札幌出店計画について

31年3月までに20店舗体制、32年3月までに30店舗体制を目指しております。
プラスルームでは、札幌市の店舗を点から面にしていき、エリアNo1ブランドを目指します。
まだ10店舗なので、店舗は札幌市内で点にすぎず、今後2年かけて点から面にしていきます。
そのためには最低30店舗1000室以上のボリュームが必要です。
1日も早く達成できるよう店舗の仕入れを強化していきます。

札幌市の可能性は?

札幌市コンテナ雪
上記写真のように冬は札幌市内には大量の雪が積もります。
屋外型のトランクルームはこのように荷物の出し入れができません。
これでは、収納スペースを借りている意味がありません。
トランクルーム市場の可能性
札幌のプラスルームでは、すべて屋内型を出店しております。
だから雪はまったく影響がありません。
結果、とても使いやすいトランクルームとして札幌で人気があります。

ウェブ戦略もお任せください

札幌市の弊社ウェブサイトは2つあります。
一つはプラスルームのトランクルーム全国版
もう一つはプラスルームのトランクルーム札幌版です
この二つのウェブサイトは共に「トランクルーム 札幌」でGoogle・Yahoo!ともに上位表示されております。

弊社集客は、全体の4割ほどがトランクルーム専用ポータルサイト。残りの6割ほどが自社サイトからのお申し込みです。
自社サイトの集客が強いということは、開業後の稼働率に大変影響します。
まさに弊社トランクルーム経営の強みはウェブ戦略にあります。

株式会社錦屋では、ウェブコンサル事業もございます。
弊社はトランクルーム経営のプロと同時にウェブ戦略のプロということになります。
積極的に出店ができる理由はここにあります。

ただ札幌にトランクルームを出店させても理想の稼働率は達成できません。
大手と同等に戦える自社ウェブサイトがあるから、地方の地でもプラスルームは高い集客が可能なのです。

今後のプラスルーム札幌にご期待ください!

関連記事