toggle
プラスルームがトランクルーム運営を全面サポート
2018-02-12

仮想通貨もいいですが、長期的な安定収入を得ませんか?

短期的な収入を得たら、長期的な収入を得ませんか?

今話題の仮想通貨。
最近は仮想通貨は全体的に暴落ぎみではありますが、ビットコインについては1年前と比べれば今でも約10倍。
短期的に収益を得られる仮想通貨。逆に短期的に大きな損失してしまうことも当然あります。
投資の長所と短所を把握して、安定した収入を得ましょう

投資はリスク分散が鍵、短期的収益で長期的収益を得る

仮想通貨で得た短期的収益の一部を長期的収益に変換しましょう。
今後も予測が難しい仮想通貨。
一部利益を確定して、リスク分散投資していきましょう。

長期安定収入とは

一般的な長期安定収入であげられるのが、アパート・マンション経営です。
しかし、相続対策として積極的に建設され、今では市場が飽和状態になっている
エリアもありますので、投資の前に市場の調査は慎重に行いましょう

今話題のトランクルーム投資を考える

日本のトランクルーム市場は約600億円。
拠点数は約9,500店舗。150世帯に1部屋しかまだありません。
トランクルームの発祥の地アメリカでは、10世帯に1部屋。
市場規模はなんと1兆8,000億円だそうです。

日本の住宅市場を考えると、当然この市場がどうなるか?
もうお分かりですね。
まだ日本では屋内型トランクルームは認知度が低いです。
だから有望な市場です。

日本の住宅は狭く、十分な収納スペースが確保できない。
首都圏の共同住宅では、4人家族で60㎡前後の床面積で生活をしています。
3LDKの間取りでも、かなり窮屈な生活をしなくてはいけません。

収納は借りる時代へ

収納スペースを借りる。
あまり考えていなかったことかもしれませんが、意外と効率がいいのです。
たった1帖タイプのトランクルーム。
地域により価格は違いますが、およそ月額7〜8千円前後で借りることができます。

この1帖のスペース。およそ段ボール約60個も収納できます。
段ボール
ご自宅から段ボール60個分の荷物がなくなったら。
トランクルームはコスパが良いサービスです。
使ったらすぐに結果がでます。お客様は荷物をトランクルームに保管すれば自宅はすぐに快適空間。
だからほとんどの方は、複数年ご利用いただいております。

プラスルームの直営店売却システムで市場に参入する

このように有望な市場ではありますが、すでに大手企業も参入しておりオリジナルブランドで運営することは
結構ハードルが高くなっています。
特に集客については、大手企業が多額な費用を投入して積極的に行っています。

小規模のトランクルーム業者さんは、集客が難しく計画通りの売上確保が難しい状況です。

プラスルームでは、事前に直営店として仕入れた物件を投資家さまへご紹介しております。
もちろん、投資家さんからご購入いただけなければ弊社が直営店として運営します。
厳しい弊社直営店基準をクリアした店舗をご紹介させていただきます。

詳しくはプラスルームのトランクルーム直営店売却システムをご覧ください>>

関連記事