toggle
トランクルーム投資は直営店売却システムがおすすめです。
2020-09-10

空きスペースの活用のおすすめ3選!その道のプロがお教えします

将来の不安を感じている
不動産屋さんに依頼してもなかなか埋まらない空きスペース。
何年も店舗が空きスペースになっていて、収益化ができてない。
契約になるが、短期間で撤退されてしまう。

なにか空きスペースの活用方法はないのか?
確実に収益化できる方法は?
収益化マネタイズ
今回は、自信をもってオススメする空きスペースの活用方法3選をお伝えします。
それぞれ特徴がありますので、しっかり把握して活用してみてください。

空きスペース活用ならこれがおすすめ

それでは、具体的にどのビジネスがいいのか?
ご紹介するビジネスは、少額投資でできます。
もちろん、ご自身で運営もすることが可能です。
もう、人には頼らない。自分でビジネスをやって空きスペースを活用しましょう
空室にぴったりのビジネス

コワーキングスペース事業(レンタルオフィス)

最近多くなってきたビジネスです。
国の働き方改革で、ニーズが生まれたビジネスとも言えます。
ユーザーと運営者のメリットとデメリットを考えてみましょう
コワーキングスペース

メリットを考えましょう

まずはメリットをお話しましょう。
ユーザーと運営者のメリットをあらかじめ把握しておきましょう。

ユーザーとしてのメリット
  • 少額で借りることができる。月額15,000円前後から
  • 水道光熱費がかからない。
  • 利用者同士で情報交換ができる
運営者のメリット
  • 少額投資で開業できる
  • 高い坪単価で貸し出しできる
  • 利用者と交流でき情報交換ができる

運営者側のデメリットを考えましょう

コワーキングスペースのデメリットをあげてみました。
すべてメリットとはいきません。しっかり把握して役立てましょう

  • 駅近物件でなくてはできない
  • 看板効果がほとんどない
  • 無人で運営はほぼできない手間がかかる

コワーキングスペースのまとめ

コワーキングの場合は、駅近物件というのは絶対的な条件になります。
では駅から徒歩○分までがいいのか?ということですが。
近ければ近いほどいいです。徒歩5分以上の場合は、お勧めできません。
理想は徒歩3分以内です。

集客は、ほぼネット集客になります。
開業前にご自身で行うのか?業者に頼むのか?決めておきましょう。

最近のコワーキングは、設備も充実している施設が多くなってきました。
投資額も増加傾向。それなりかかりますので、そんなに儲けることはできないかもしれません。
でも、個人でがんばっているフリーランスを応援する。
ここにやりがいが持てるビジネスではないでしょうか?

今話題のビジネス!レンタルオフィスを聞いてみた

有料自習室

有料自習室
自習室は通常大学や予備校などにありますが、使いやすさや社会人の方が有料自習室を選んで利用されています。
特に難易度の高い国家資格をチャレンジされている方には、大変喜ばれているサービスです。

私自身10年以上有料自習室を運営しております。実体験を基にお話させていただきます。

ユーザーとしてのメリット

  • 集中できるスペースを確保できる
  • 頑張っている仲間がいる
  • 元取る=勉強する

運営者のメリット

  • 少額で開業できる
  • 高い坪単価で貸せる
  • 無人で運営できる

運営者側のデメリットを考えてみましょう

自習室のデメリットを考えてみました。
私自身10年以上自習室は運営しております。
経験した私からデメリットをお伝えします。

  • 顧客間のトラブルが多い
  • こまめなメンテンンスが必要
  • 看板効果はない

有料自習室のまとめ

有料自習室デスク
コワーキング同様、駅近物件でないと厳しいです。私も以前徒歩5分の物件で運営していました。
最初の3年ほどは大変よかったですが、次第に駅近に競合店が出店し始め、結果撤退になりました。

やはり駅近であればあるほど運営はしやすくなります。
物件を探すときは、徒歩1分から2分に拘ってください。譲歩して徒歩3分です。
好立地に出店すれば、長期渡って安定的に収入を得ることができます。

プラスルームの有料自習室

トランクルーム

ここでいうトランクルームは屋内型です。以前からある屋外型(海上コンテナ)ではありません。
日本の住宅事情では決して満足できる収納スペースを確保しているとは言えません。
慢性的に収納スペース不足が起きています。
近年この不足の解消ツールとして屋内型トラクルームが大人気です。
弊社でも実際運営しており、全国9エリアで展開しております。
福住の屋内型トランクルーム

プラスルームのトランクルーム投資

ユーザーとしてメリット

  • 少額で収納スペースを確保できる
  • 月数千円で自宅が広くなる
  • 居住スペースと収納スペースを分けられる

運営者側のメリット

  • 少額投資で可能
  • 無人で運営できる
  • 長期安定収入が得られる

運営者側のデメリット

  • 競合他社が多く存在する
  • ウェブでの集客が必須
  • 1店舗では多く儲けられない
  • 満室までに時間がかかる

トランクルームのまとめ

女性でも安心して使えるトランクルーム
自社所有物件以外でも店舗を借りて運営もできます。
なにより、長期安定収入を得られるのが最大のメリットです。
不況にも強いビジネスとして、注目されています。
不動産投資と違い、再投資がほぼ発生しないのもメリットです。

詳しくは、弊社トランクルーム投資ウェブサイトをご覧ください。
トランクルーム店舗の作り方をお教えします

空きスペースの活用のまとめ

今回は3つの事業をご紹介しました。そのうち2つは弊社が実際運営しています。
今後脱サラして独立を目指している方には、どのビジネスでもおすすめです。
ご紹介したビジネスはすべて少額投資で開業可能です。

しかし、どのビジネスも決して楽なものではありません。
開業する前に競合店を調査したり、市場調査をして勉強してください。

サラリーマンも大変、独立も大変。
どっちも大変です。しかし、独立の場合は、夢が広がります。
雇われる人から脱却して、自分の人生を大切にしませんか?
自分の可能性を自ら引き出してください。

関連記事