toggle
トランクルーム投資は直営店売却システムがおすすめです。
2020-04-03

店舗の空室対策ならトランクルームを検討しませんか?

店舗空室でお困りの方、このようなお悩みがありませんか?
特に今はコロナショックで全体の申し込みも急激に減っています。
店舗空室対策ならトランクルーム

  • 店舗の空室が目立ち稼働率が最近落ちてきた。
  • 契約になっても、すぐに解約になって空室になってしまう。
  • 宣伝広告費を使ってもなかなか契約にならない。

店舗空室対策の解決方法は?

第三者に貸しても、なかなか借主も商売がうまくいかずすぐに空室になってしまう。
そもそも貸し店舗の立地が悪く、借り手がいない。
不景気になってしまい、貸店舗で商売することが難しくなってしまった。
コロナショックで、益々小規模業者の経営が難しくなってきました。

解決策はずばり、トランクルーム事業で店舗を活用しませんか!

店舗空室対策の解決策ならトランクルーム

最近増えてきた屋内型トランクルーム。店舗再活用としても注目されている


最近、街中で屋内型トランクルームを良くみませんか?
気がついたら、ご自宅周辺にトランクルームの店舗数が増えていませんか?
そんなにニーズがあるのか?
本当に自分で運営できるのか?実際聞いてみたい。

店舗空室対策にぴったりのトランクルーム事業。理由は?

ご自身で事業をやっても、なんでも成功するとは限りません。
貸して借主が運営するのと状況は一緒です。
今の時代、長年経営を存続させる事は非常に難しいのが現状です。

では、なぜトランクルーム事業があなたの店舗空室対策にぴったりなのでしょうか?
やはり長年トランクルームを経営するのは難しいのでないでしょうか?
どの場所でもトランクルーム事業は可能なのでしょうか?
新規参入はもう遅いのでは?
様々なご質問があると思います。

日本の住宅事情を考えれば、チャレンジする価値あり

日本の住宅事情

決して広くない日本の住宅。借家なら床面積が平均50平米前後。

日本の住宅は、決して満足できるほど大きいものではありません。
賃貸のマンション平均床面積は、約50㎡前後です。
間取りはおそらく2DKくらいでしょうか?
この間取りで4人家族ならとても狭い事になります。

ちなみに持ち家の平均床面積は120㎡前後。
分譲マンションは70㎡前後と言われています。

このような背景から、住宅の収納スペースは常に不足しているわけです。

アメリカの床面積は日本の倍、しかし・・・

アメリカの住宅床面積は日本の倍あります。
これはうらやましい限りです。

そしてびっくりすることは、アメリカはトランクルーム先進国。
なんと10世帯に1部屋の割合でトランクルームを利用しているようです。
アメリカセフルストレージ
日本のトランクルーム利用率は、200世帯に1部屋の利用です。

アメリカ人は、自宅をすっきりさせておくことに関心が高い。
結果、収納スペースは借りるという考えが定着しています。

日本は年々利用者が増えて、毎年8%成長を続けてます

日本の市場はまだトランクルーム利用率は高いと言えません。
しかし、今や800億円市場。(矢野経済研究所調べ)
毎年8%ずつ成長し続けている。日本では数少ない有望な市場です。

日本のトランクルーム市場

日本のトランクルーム市場は年々利用者が増えて、毎年8%成長

利用者の9割が複数年利用。だから安定収入

トランクルームのご利用の約9割が、複数年数ご利用になっております。(プラスルーム利用者統計)
平均利用期間は実に約50ヶ月も利用されています。
一度ご利用になれると、やめられないのがトランクルーム。
トランクルーム札幌屋内写真
一度稼働率が上がれば安定収入になります。
これがトランクルーム事業の一番の魅力です。

開業後の修繕費などの追加投資がほぼ0

住居の賃貸では、追加投資が意外とかかるものです。
例えば、水まわり・外壁・屋根などの大規模修繕。

借主の退去時には、壁紙・床の補修・清掃費なども発生します。
これらの費用も結構な額になってしまいます。

一度空室になれば、不動産仲介業者に広告費を支払、埋めてもらいます。
この広告費の負担も。。。

トランクルームは、一度設備投資をしてしまえば、その後の投資はほぼ0。
弊社で開業から丸10年経過している店舗では、日焼けしてしまった看板の入れ替えだけです。
他の設備は、追加投資はありません。

退去後の原状回復のほとんどは、掃除でゴミを吸い、汚れを吹き上げるだけです。
たったこれだけで、原状回復が可能なのです。

店舗の空室対策にトランクルームフランチャイズがおすすめ

トランクルームフランチャイズ契約で握手
結論!
店舗空室対策にトランクルーム事業はぴったりという事です。
しかし、自分で全て運営するとなる結構な負担になります。
トランクルーム事業を新規導入するにあったては、この部分が問題になります。

自主管理でやらなくてはいけない事

トランクルームを自主管理で行う場合、準備しなくてはいけないもの

    1. 顧客管理システム
    1. 集客用ウェブサイト
    1. SEO対策
    1. 店舗設計
    1. トランクルーム設備仕入れ
    1. 内装工事業者の選定
    1. 競合他社調査
    1. 価格設定
    1. オペレーション

その他にも様々な準備があります。
決して片手間でできるようなものではありません。
トランクルームは一見簡単な事業に見えますが、運営するにはそれなりのスキルが必要なのです。

自社物件だからできそう。とても危険!

ご自身で空き店舗を所有しているから、トランクルームを自主管理でやってみよう。
はっきり言って、高い確率で失敗します。
トランクルーム市場はそんなに甘いものではありません。

プロと似たような設備はできるかもしれません。
しかし、作っても集客できなくては事業として成り立ちません。

集客に自信があるなら、自主管理もお勧めします。
しかし、ウェブサイトやマーケティングの知識もなく自主管理する事はお勧めしません。

プロの運営会社に任せましょう

様々な事を考えると、プロの運営会社にお任せする。
正直これが一番お勧めです。
この市場に参入して複数店舗を運営していく位の計画があるのなら、自主管理でも構いません。

5店舗以内の出店計画であれば、プロにお任せした方が利益は出るはずです。
目先の費用に捉われず、幅広い視野で検討しましょう

プラスルームの管理サポート

トランクルームの運営は、すべてプラスルームにお任せください。
店舗設計から集客、顧客管理、集金。運営全般をお任せください。
出店時の準備も全てお任せください。
トランクルームのフランチャイズ
全国展開のプラスルームが、貴方の物件を蘇らせます。

複数契約だから、収入は安定します

例えば、20坪の店舗。
およそ20部屋前後のトランクルームが設置できます。

店舗空室対策ならトランクルーム

約20坪の店舗。細かく間仕切り20部屋のトランクルームを設置。

じわじわ契約が増えていき、稼働率が一度上がってしまえば。
この20人のお客様が一気に解約になることはほぼありません。
稼働率が上がるまで時間がかかるということは、一度上がった収入は簡単には崩れません。
時間をかけて収入をつくる。結果安定収入を得ることになります。

まずは無料相談、簡易シミュレーションを作成します

今お持ちの店舗が、トランクルームとして活用できるか?
弊社が長年の経験に基づいて、無料で判断させていただきます。
また売上シミュレーションも同時に作成します。
お気軽にご相談ください。

実例、トランクルーム活用で店舗空室対策

弊社直営店のプラスルームトランクルーム札幌琴似店
元Barの店舗を弊社が買取り、トランクルームにコンバージョン。
オープンから約2年経過しても、高稼働率を維持しています。

トランクルーム札幌琴似店

住所
〒063-0802 札幌市西区二十四軒二条1丁目2-27琴似コーポ1階
店舗ウェブサイト
トランクルーム札幌琴似店>>

詳しくは、YouTubeをご覧ください。
弊社代表今野裕朗が説明しています。是非「笑顔満載チャンネル」のチャンネル登録もお願いします。

トランクルーム投資ならプラスルーム>>
不況に強いビジネスとは

関連記事