toggle
2016-01-21

東京日本橋のビルオーナー様からのご相談

東京都日本橋のビルオーナー様からのご依頼です

fb84a271-4e8d-4a6c-99cc-41dd91e46318

本日は東京都中央区日本橋のとあるビルオーナー様からのご依頼です。

最近一棟を購入された4階建てのビルで、1・2階をトランクルーム経営をご検討させれています。
弊社では、近隣の市場調査及び図面作成をさせていただきました。

この周辺はとても稼働率も良く、おそらくトランクルームは早期に契約が決まりそうです。
もちろん、思う通りにならない場合もありますが、、、。

トランクルーム開業時に気を付けること

トランクルーム経営のほとんどは開業前にほぼ決まってしまいます。
特にトランクルームの各部屋の大きさは重要事項になります。周辺の競合調査、稼働率、周辺賃料の調査など複合的に
調査します。多角的な観点からトランクルームの大きさを決定していきます。

過去の経験に基づいて大きさを決定します

場所によって大きいお部屋が人気の場合と、小さいお部屋が人気の場合があります。
市場的に小さいお部屋が人気のエリアに、大きい部屋でトランクルームを作ってしまうと大変なことになってしまいます。

あまり欲張らず、ユーザー目線で考えましょう

では総床面積に対してどの位の比率でトランクルームを設置することが可能でしょうか?
店舗の形などにもよりますが、総床面積の55%から60%前後がトランクルームの売り上げになります。

大きくトランクルームを割り付けば、この比率は上昇します。
シュミレーションでは、このトランクルーム床面積を上げれば利回りの上昇します。
しかし、そのトランクルームの割り付けで本当にいいのかは別問題です。

残念ですが一部の業者では、売上シュミレーションを良く見せたいためにこの比率を高くしてしまっています。
あまりにも高い比率の場合は、注意が必要です。

この点を注意してトランクルーム経営をご検討ください。

関連記事