toggle
2016-08-21

レンタル物置&バイク駐車場併設物件

レンタル物置&バイク駐車場経営

レンタル物置&バイク駐車場経営ならプラスルーム

今回は横浜市鶴見区のオーナー様のケースをご紹介します。こちらはの土地はもともと工場を経営されていて、引退とともに土地活用を検討されておりました。

○イゼボックス様と競合しましたが、提案していた多額な投資(トランクルーム専用のビルを建てる)されていました。弊社では、オーナー様のご要望をしっかり聞きリスクを最小限に抑えつつ、安定した収入を得られるように今回はバイク駐車場&レンタル物置運営を提案しました。

トランクルーム専用ビルは投資額は数千万円!

トランクルーム専用のビルを建築すると、その投資額は数千万円です。確かに通常のアパート経営に比べると水回りのない分、効率よく投資回収はできるとおもいます。しかし、不動産の投資回収期間は数十年になりますから、将来的に市場が飽和状態になることも想定されます。

万が一10年後、市場が飽和状態になってしまった場合は、トランクルーム専用ビルの場合は、居住用にすることもできませんし、店舗として活用できることもありません。私たちは長期に渡る投資回収はなるべく避けていきたいと思っております。おそらく今はまだ需要は伸びていくと思いますが。どの商売でもいずれ飽和状態に必ずなります。

プラスルームでは、少額投資で分散型経営を目指します

このような理由から、プラスルームでは少額投資と分散型経営をお勧めします。1箇所で大きな投資をするのではなく、少額投資で多数のエリアに出店することをお勧めします。リスクを分散することで、より確実な長期安定収入が見込めるようになります。

市場調査の結果、バイク駐車場併設に・・・

バイク駐車場狛江岩戸南

※こちらの写真はプラスルームバイク狛江岩戸南店です。地下駐車場を活用してバイク駐車場にしました。1階店舗はトランクルーム狛江岩戸南店です。

こちらの地区は、バイク駐車場があまりないエリアだったのでレンタル物置だけではなく、バイク駐車場を導入しました。ライン型ではありますが、屋根付きなのでバイクが雨で濡れることはありません。このように市場にあった商品構成と付加価値戦略で。高稼働率を目指します。

プラスルームでは。このように様々な調査を行いトランクルーム経営を提案させていただいております。オーナー様の大切な不動産を少額投資で再生。長期安定収入が可能な物件に変身させてみせます。ぜひ一度ご検討ください。

 

関連記事