toggle
2016-09-03

トランクルーム投資の融資について

資金調達をどのようにクリアするか

トランクルーム投資戸塚上矢部店②

トランクルーム投資を考える際に、最初に問題なのが資金です。弊社の直営店売却では、1店舗あたり400万円から500万円前後のご紹介になります。

すべて手持ちの資金で賄えれば問題はありませんが、事業欲はあるけど資金がないという方も結構いらっしゃいます。

プラスルームのトランクルーム投資の特徴は、不動産をお持ちでなくても、資金がなくても、知識がなくても事業を開業することができます。

トランクルーム投資の問題点

08e52cdf6522eafd070571b437159297_s

理想は全額現金でご購入ですが、自己資金がなくトランクルーム投資に参入することができない投資家様も多くいらっしゃいます。

銀行融資は、現在トランクルーム投資については積極的とは言えません。今後銀行がトランクルーム投資に対して理解を深めていただければ、この市場は爆発的市場拡大になるはずです。

ただし、現状はそのような融資はされにくく、トランクルーム経営を目指してもなかなか参入できてません。

このような時期は実は投資のチャンスでもあります。条件が整ってやりやすい環境で投資する場合は、すでに競合も多く存在してしまいます。

投資のコツは、誰でも参入できない状況のなかで早めに参入することが大切です。

資金調達の次は店舗の準備

資金調達の次は、どのエリアにどのような店舗を探すのか?という問題です。店舗を借りるにしても、購入する場合でも店舗調達は結構難しいものです。レンタル収納ビジネスは、市場価格はある程度決まっていますので、想定売上の約40%〜50%が借り上げ賃料になります。

このような計算で店舗を調達しようとしても、ほとんどの店舗の賃料設定は高く仕入れることは難しいのが現状です。

またトランクルームはただ小さく割り付ければいいということでもありません。市場ニーズに合わせて大中小を組み合わせたレイアウトが求められます。

プラスルームからのご提案

プラスルーム

プラスルームでは、まず融資問題をお手伝いできるプランを作りました。

提携銀行ローンとリース会社によるリース契約もしくは割賦契約です。それぞれ特徴がありますので、ご契約の際には弊社にご相談ください。

特にリースの場合は、自己資金を投下する必要がないので、多店舗展開を目指す方にはお勧めです。一般的なリース期間は3年から5年です。

店舗調達については、直営店売却システムをお勧めします。プラスルームが既に出店している店舗の設備を売却します。このシステムにより、初めての方でも簡単にトランクルーム投資を開業することができます。

今まで自己資金が足りなく諦めていた投資家様。店舗を探すのができなかった投資家様。ぜひご検討ください。

 

関連記事